脳の発達が表に沢山出てくる想像力がでてくる

個性が出だす2歳児

1歳に比べて言葉の認識がかなり発達し
表情によってその場の雰囲気がわかってしまう
1歳児は身体の成長がメインでしたが
2歳児になると内臓や脳の成長が目立ちます

 

 

幼児教育
英才教育といわれるのも

 

吸収する能力が強く
インプットする力が
とてもある年齢

 

 

特に音からの情報が敏感になり
語源や発音どれだけ色々な

 

音源
音質
音色

 

を聞くかで感性も変わり、

 

聞く力があるということは
利用できるご語学も増えます

 

 

 

大人からすると母国語
日本語をしっかりできてから、
英語、韓国語、中国語、フランス語など
思いがちなんですが
これは大人の頭が固くなってしまった
思考での視点です

 

 

子供の脳はとても柔軟で
ほぼすべて吸収できます
発語、発音できるかは別にして
音の認識は培われます

 

 

スポンサーリンクス
page top