子供を産みやすい体にする方法とコツ

母体の環境

胎児が生まれる前までに重要な居場所として

 

子宮、お母さんのお腹の中です。

 

10月10日の期間を過ごす母体の空間、

 

 

赤ちゃんの為にその住処を綺麗にし

 

居心地のよい場所にしてあげたいと思いませんか。

 

その空間をきれいにする為には

 

子供ができるもう少し前の話の事になります、

 

最低でも妊娠する半年前ぐらいまでには
体のデトックスや体質改善を行うと良いでしょう。

 

その半年180日ぐらいの期間には理由があります。

 

人間の細胞や組織がほとんど入れ替わる期間だからです。
例えば肌は28日のターンオーバーという言葉があるように
健康で健全な状態で28日になると肌の組織が
細胞が新しくなるということですが。

 

肌は美容もあり有名で認知もあります。
ではそれ以外なら、代表的なものは
よく言われるのが骨、カルシウムに関して
骨の入れ替わりは120

 

 

少しだけ恐ろしい話

 

妊娠中にお母さんがやたらとカップラーメンを食べていて、

 

その生まれてくる子供は出産のときにとんでもない状態で生まれてきました。

 

勿論生きれなかったらしいです。

 

どこまでが本当の話かも今となっては確かめれませんが、

 

ネガティブは表現は暴飲暴食や化学物質だらけの食べ物で

 

体の環境汚染は羊水汚染に辿り着き。

 

ポジティブな表現は体質がかわることによって、

 

高齢出産でも受精しやすくなりや不妊症の解消にも効果はあります。

 

 

 

 

それは単純ですが、大人になったあなたの場合は

 

ご自宅の部屋で汚い環境より、

 

綺麗な環境の方が勿論過ごしやすいですよね。

 

 

これを胎児に変えるとお腹の中は部屋になり、

 

妊娠前の受精しやすい環境作りは、

 

入居する前のいわば新築で綺麗な部屋の状態を
イメージしてもらえれば理解しやすいです。

 

あくまで例えではありますが、母体の環境が整っているほうが
確率的にも歴残の差が生まれます。

 

 

母体の子宮環境は胎児にとっての住処である意識をもってもらうと、

 

母体のいたわりかたや、食生活、生活習慣が見直しできます。

 

子宮の良い環境は出産のちの子育てにも大きな影響が関わってきます。

スポンサーリンクス
page top